読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲスの極み乙女。

 

久しぶりに7時に起きた。

 

 

もうずっとやってる、川谷絵音ベッキーの報道。

 

いつまでやるんでしょう。

 

 

 

先月、代々木でのフリーライブは意外にも人はスカスカ。

いつもなら入場規制くらいは余裕でかかっていたはず。

えのぴょん、めっちゃ暗かった。

でもやっぱり盛り上がるんだなこれが。

 

 

 

だけども。

どう聞けば、どう歌えばいいのかお互いに分からない状態。

 

 

最後は「僕は音楽を続けます」と去っていった、フロントマン川谷絵音

オーディエンスの「えーのんーーーー!!!」コールが鳴り止まない。

10分ほどだろうか、ステージにメンバーの姿は無い。

ですよね。

ファンの前に出るのもやっとなのだろうか。

 

 

ライブ終了後、ファンに押し寄せる報道陣の波。

ファンの私たちからなにを得ようとしているのか。

 

 

 

確かに世間一般からすれば「アリエナイ!!」ことかも。

 

 

 

 

ちゃんとゲスの音楽を聞いていたら分かるんだけど。

 

 

 

こんなに印象深く耳に残るメロディーを作れるのは

川谷だから。曲が、とかではない。

 

 

人間のゲスい部分も良い部分もあるけど

キラーボールで踊ろうよみたいな音楽だから好まれている。

 

 

 

ゲスの極み乙女。のライブは最高に楽しい!!!超踊れます。確実。

 

楽しもうぜ、だけの音楽だから一体感の素晴らしいこと。

 

 

 

 

 

私のお気に入り曲は「だけど僕は」

本当これを、今少し気になりだした人々に聞いてほしい。

 

いつものファンキーでメロディアスなゲスとは一味違う。

カップリングなのがもったいない。

逆にカップリングという影がいいのかもしれない。

 

 

 

「だけど僕はいつも怖くて だから何か意固地になって 

 

 だけど僕は孤独になって だからちょっと悪者だって思われる。」

 

 

すごく素敵な音楽です。

 

 

 

 

早くいつもの川谷絵音に戻りますように。

 

さて、今日から2月です。